初めて葬儀・葬式を出す方

①危篤

1.ご親族への連絡

●医師に危篤を告げられたらすぐ親族にご連絡を!! 早朝・深夜であっても、まずは一報入れた方がよろしいかと思われます。 交友関係がわからない場合が多いので、なるべく事前に連絡先を確認しておきましょう。

②ご臨終

1.死亡判定

● 【ご自宅で亡くなられた場合】は、主治医または119番に連絡をします。 ※医師が死亡を確認するまで故人様を動かしてはいけません。 【病院の場合】は、医師の死亡判定が終了後、病院を出る事になります。 ●ここからは、慌ただしく多くの物事が進みます。看病疲れや寝不足で、忘れやすくなる事もあるので、こまめにメモをされる事をおすすめします。また、すべての関係書類をひとまとめにできるファイルやかばんがあると整理しやすくなります。

2.死後のご処置

3.死亡診断書

4.ご搬送先準備

●病院より故人様のご搬送依頼を受け次第、葬儀社の手配をする。ご自宅にご搬送する場合は受入れ準備が必要です。

5.故人様のご搬送

6.末期の水を取る

③故人様ご安置

1.故人様 ご安置

●ご自宅にご安置する場合、座敷に布団を敷き北枕に故人様を寝かせます。神棚があれば半紙で封じます。寺院によって仏壇の扉を閉める場合もあります。

2.枕経

●服装は平服で構いません ※寺院によっては、枕経のタイミングが異なります。

3.故人様のご意思の確認

●エンディングノートなど故人様のご意思があれば確認します。

4.喪主を決定

●故人様のご意思を尊重し喪主を決定します。特にご希望がない場合は、ご家族の話し合いで決めます。一般的には配偶者または、ご長男が務める事が多いです。

5.お寺とのご相談

●お寺に、葬儀日程、戒名(法名)のご相談をします。※お寺によって相談方法、タイミングが異なります。

④葬儀打合せ

1.葬儀社の決定

2.葬儀の形式・日程

●お寺、火葬場、葬儀式場の予定を調整し、葬儀日程を決めます。一般葬ならば知人・関係者に訃報連絡を行います。家族葬は、知人への連絡は行わないのが一般的です。 ※訃報連絡用の書面は葬儀社が用意してくれます。

3.葬儀の内容

●葬儀費用の見積りを取り、含まれているもの、含まれていないもの、それぞれの内容を確認します。会葬御礼品、香典返しの品物、料理の内容、その他詳細を決めます。※打合せ内容の順番、タイミングは適宜変わります。

4.ご遺影写真

5.費用の準備

6.死亡届・火葬許可証取得

●死亡届と火葬許可証の手続きは、葬儀社が代行してくれますが、ご自身でもできます。但し、ご家族はとても忙しいはずなので葬儀社に任せてしまうのがよろしいかと思われます。

⑤納棺

1.古式湯灌

2.納棺

●ご納棺の際に、故人様の好きだった物や思い出の品を一緒に入れられます。 燃えないものは入れられません。ご注意ください。

⑥通夜

1.会葬受付

●喪服と数珠を準備し、通夜が始まる前までに喪主様とそのご家族は焼香の作法を確認します。 年長者または葬儀社の担当者に聞いてみましょう。 ●受付では香典を扱うので信頼できる方にお願いしましょう。

2.開式

3.僧侶案内

4.読経

5.親族焼香

6.会葬者焼香

●焼香を終えた会葬者を、式場スタッフが通夜振る舞いの席(食事の席)へ案内します。

7.閉式

●通夜の前に弔問で香典を供えてくれた方に、香典返しを渡していなければ、記録しておき、後日香典返しを渡します。

⑦葬儀・告別式

1.開式

●喪主様は、出棺時の挨拶を考えておきましょう。文例を参考に自身の言葉で気持ちを伝えましょう。 ●火葬場に行く間、香典の保管を任せる担当を決めます。 ●葬儀・告別式後、火葬場まで行く人数を確認。 バスを手配せず、自家用車で乗り合わせる場合は、配車の確認をする。喪主様は、行きは霊柩車に乗りますが、片道運行の為、帰路の配車手配が必要です。

2.開式

3.僧侶案内

4.読経

5.弔辞・弔電

6.親族焼香

7.会葬者焼香

8.献花お別れの儀

9.喪主様挨拶

●挨拶は簡潔でよいので、感謝の気持ちを述べます。

10.閉式

⑧出棺

●霊柩車には、位牌を持った喪主様が同乗します。 ●火葬場の待合室での待機用に、お菓子、飲み物を持ち込む場合は忘れずに持っていきます。

⑨火葬

1.火葬炉/荼毘

2.待機/おしのぎ

3.収骨

●火葬が終わると、参列者全員で遺骨を拾い、骨壺に収めます。 分骨をしたい場合は、別の骨壺を用意します。 ※分骨の際は別途手続きが必要です。

4.火葬場を出発

⑩法要

1.遺骨をご安置

2.還骨法要

3.初七日法要

4.精進落とし

●還骨法要、初七日法要 の後、精進落としを行います。食事前には葬儀が無事に終わった事への感謝の気持ちを伝え挨拶をします。 ●僧侶が精進落としに同席できない場合は、料理を持ち帰って頂くか、御膳料として別に包みます。